交通事故の慰謝料で知っておくべきこと

通勤や通学をするためには、普通は外に出なければなりません。
歩いている人もいれば、自転車に乗っている人、オートバイの人、自動車の人、通う手段は色々だと思います。
特に朝などは誰もが急いでいるので、普段は安全運転を心掛けているようなドライバーでも、スピードを出しすぎてしまったり、注意不足になっていることがあります。
当然、交通事故に遭ってしまうリスクも上がるので、万が一のために、慰謝料の基準について知っておく必要があります。
交通事故に遭った場合、損害賠償を請求するのが普通ですが、保険会社が提示する金額が裁判所の基準から見て低いことがあるそうです。
しかし、私たち素人は提示された金額を疑いもせず、普通はそのまま受け入れてしまうと思います。
保険会社も企業なので、そもそも提示する基準がはじめから低いようです。
交通事故の損害賠償額の基準には、自賠責基準、任意保険の基準、裁判所の基準の3つがあって、どれを用いるかによって金額が変わってきます。
そして、弁護士に相談すると、もっとも金額の高い裁判所の基準で、保険会社と慰謝料の示談交渉することになります。
結果、保険会社の提示額よりも慰謝料が高くなるのです。
適切な金額を受け取るためには、専門家である弁護士に相談するのがベストです。
交通事故損害賠償の仕組み | 丸の内ソレイユ法律事務所


>