交通事故の後遺障害慰謝料は認定等級によって請求できる金額が変わる

交通事故で後遺障害が残ってしまうケースがあります。
後遺障害は、その事故で負った怪我の治療が終わってからも回復することが期待できない症状が固定で残り要介護認定など生活していく上で支障があったり、労働の能力が低減したと認められる場合に認定されます。
後遺障害には等級の制度があって、障害の内容や程度などが数字で示されるようになっています。
等級の数字は1から14まであり、数字が小さい方が障害としては重度と認められるものです。
また1級と2級に関しては、要介護認定の有無でランクがふたつになるので後遺障害のランクは全部で16です。
後遺障害が残ってしまうと、入院・通院治療の傷害分とは別に後遺障害分の慰謝料として障害が残ってしまったことで被る精神的な苦痛に対しての賠償金を請求できます。
慰謝料は、入院・通院治療の傷害分では1日あたりの金額と対象日数で計算しますが、後遺障害分においては認定された障害の等級をベースに算定します。
よって、後遺障害で損害賠償請求をするにはまずは後遺障害として等級の認定を受ける必要があります。
後遺障害の等級認定は、医師の診断書など必要書類を整えて自賠責保険の審査会に申請をします。
申請は相手の保険会社に全面的に依頼することもできますが、被害者請求といって自分で手続きをする方法もあります。
後遺障害の認定等級は請求できる慰謝料額を左右するものなので、弁護士のサポートを得て自分で手続きをすれば納得して示談交渉が進められます。
http://baishoukin.com/

>