不動産の売却時に税金が免除や控除される場合

不動産を売却した際通常は税金がかかりますが、条件によっては税金が免除や控除の対象になる場合があります。
どんな条件が該当するのかがこちらのサイトのチャートを見ると一目で分かるので心当たりがある方はぜひチャートに沿ってチェックしてみてください。
まずは自分が売却する土地や家が居住用か特定事業用かを確認するところから始めてみましょう。
ちなみに税率はそれまで住んでいた期間で変動したりするので、正確な税率を知りたい方は税理士や不動産会社に確認するようにしてください。
居住用の不動産を売却して利益が出た場合は譲渡益、逆に損をした場合は譲渡損、特定事業のための譲渡に該当する場合は特別控除の特例、軽減税率の特例、交換、買換えの特例に該当します。
該当しない場合は交換・買換えの特例、その他の例に該当するのでチャートを見間違えないよう気をつけましょう。

上記は個人の譲渡所得の特例チャートで、自分が住んでいる家を売った場合の特別控除適用判断チャートもあります。居住用の不動産を売って譲渡益の有無があった場合に適用されるチャートです。該当する人はこちらもチェックしてみましょう。何らかの形で免除や控除があるはずです。
個人や特定事業用の不動産を持っている、売却したところ利益が出た。または損をした、住んでいる家が10年以上になる場合なども税金が軽減されたりするので自分が対象かどうかチェックしてみてください。思いがけない形で免除や控除が受けられるかもしれません。

分かりやすい!理解できる!特定の交換分合により土地等を取得した場合の特例 | 不動産売却のカウンセラー ~なんでも相談室~


>