外壁や屋根のリフォームは塗装工事で

住宅を所有しておられる方は、良い状態で長く自宅に住み続けたいと願っておられるでしょう。
そのためには定期的なリフォームが必要です。
大掛かりな工事は必要ではありませんが、日本は湿度が高いため、外壁が傷みやすいという実情は十分考慮に入れるべきです。
特に屋根は、日中は常に直射日光にさらされ、風雨に直接さらされる場所ですから、真っ先に傷みます。
日常生活の中で屋根に上がるということはほとんどの方はないでしょうから、状態を正しく把握できないというのは問題になります。
特に湿度が高い時期になるとコケが生える事も珍しくありません。
新築から10年以上が経過している住宅であれば、外壁や屋根のお手いれが必要な時期を迎えています。
まだいいだろうとずるずる先延ばしにしてしまうと、屋根の場合通常は塗装工事で十分のはずが、葺き替えしなければならなくなるのです。
その場合は塗装工事と比較すると少なくても5倍の費用が必要です。
ですから10年を目安に外壁や屋根のリフォームをおすすめします。
ソーラーパネルを屋根に設置する予定のある場合は、設置前に屋根の塗装工事を行なうと良いでしょう。
設置後の工事はかなり余分に費用が掛かってしまいます。

>