公認会計士になるために学ぶことについて

公認会計士になるためには、さまざま勉強をしなければいけません。
どんな勉強をしなければいけないのかと言えば、いろいろなことがあります。
人によって学ぶことが若干変わってきます。
社会人の方、大学生の方でも勉強スタイルが変わってくるからです。
CPAは公認試験合格者が講師をしています。
そのため、バランスの取れたアドバイスなどが期待できます。
公認試験合格者だからこそ、同じ状況の生徒に対してアドバイスをしてもらうことができます。

ちなみに、一般的な専門学校の場合は公認会計士の試験合格者ではない講師が多いのです。
実際に試験合格者だからこそ、注意点なども的確に教えてくれます。
実際に試験合格者だからこそ、これから試験を受ける人のことをしっかりと分かってくれます。
どんなことで悩みやすいか、どんなことに気をつけるべきかを指導してもらえるのです。

CPAでは常駐講師なのでいつでも質問をすることができます。
一般的な専門学校の場合は、講座中や質問コーナーの時だけがほとんどです。
だからこそ、分からないことをそのままにせずにすむのです。
こういった生徒に配慮したシステムはCPAならではと言ってもいいでしょう。
本当に合格したい人にこそおすすめの専門学校です。

>