頼りになる医療相談室

主人が交通事故にあって入院した時、私は鶴川記念病院内にある医療相談室に電話をかけました。
だって主人は退院してからも足のリハビリに通わないといけないと医師から言われるような状態で、医療費のことや退院した後の家での生活についての不安などもあったのです。
しかしこの医療相談室に相談してからは私の不安は解消され、前向きな考え方で主人を見守ることが出来るようになりました。
鶴川記念病院の医療相談室にいるスタッフの方は医療ソーシャルワーカーと言って、社会福祉や医療制度の専門知識を持っている社会福祉士さんと精神保健福祉士さんで、本当に頼りになります。
私は主人が退院するまでに準備しておいた方がいいことを尋ねたのですが、ソーシャルワーカーの方は的確な回答をくれただけではなく、主人に当てはまる福祉の制度なども先回りして教えてくれました。
私は予約をしてから医療相談室に行っていたため、特に待ち時間などを気にすることなく相談することが出来ました。

>