漢方はデリケートな女性の体の味方

複雑なリズムを刻んでいる女性の体では、生理の周期にしたがっていろいろな種類の女性ホルモンが分泌されています。
生理直後・排卵期・生理前・生理中ではメインで分泌されるホルモンが変わるので、このバランスの変化の際にいろいろな不調を訴える女性が大勢います。
特に生理の前に現れる辛い症状を、PMS・月経前症候群と呼びます。
PMSの症状の出方はいろいろで、イライラして仕事に集中できず生理が近くなると必ずミスをしてしまうという人もいますし、肌荒れや頭皮のベタつき、腰痛や頭痛といった不快で辛い症状が身体面に見られる人もいます。
月経前症候群対策・解消術では、生理前の嫌な症状を少しでも和らげる生活の工夫をわかりやすく解説しています。
例えば体の冷え対策です。
冷えは、手足などの末端だけではなく内臓そのものが冷えていることで体中を巡る血液が冷たくなってしまうことで起こります。
ですから、外からの保温と組み合わせて冷たい飲み物はほどほどにするといった生活習慣の積み重ねが大切です。
またPMS症候群の解消術のひとつとして、漢方も紹介されています。
副作用の少ない漢方なら安心ですし、生薬の中には体を内面からじっくり温める作用をするものもあります。
他にもお肌や頭皮のお手入れなどについても優しく解説されていますので、全ての女性必見です。

>