虫歯菌を減らしいつまでも自分の歯で食事を摂りたいなら

そんなにまめに磨いていないけれど、ほとんど虫歯にならない。
まめに歯を磨いていても、虫歯にかかりやすい。
その違いはなんでしょうか?
自分が虫歯にかかりやすいかを調べるにはこちらのサイトがおススメです。

人それぞれ口腔環境は異なります。
虫歯になりやすいポイントとして、歯磨きが上手くできない、間食が多い、虫歯菌の数が多いという理由があります。
虫歯菌は食事からでる糖分をえさに酸を作り出して歯を溶かします。
結果、間食することによって、通常の食事よりも虫歯菌が増えるチャンスがまた拡がったということになるのです。
また、歯磨きがきちんとされてないと、落とし切れていない虫歯菌は口の中に留まります。
歯ブラシでのケアはもちろん、歯間ブラシやフロスなどで歯垢をきっちり落とす事が重要です。
また、赤ちゃんの時はゼロなのに、親の箸やスプーンから虫歯の素になるミュータンス菌が感染するのです。

唾液検査で虫歯菌の有無はわかります。
唾液の中に含まれる虫歯菌の数や唾液量を調べる事によって虫歯になりやすいかがわかります。
虫歯リスクを減らしていつまでも自分の歯で食事を摂りませんか?
評判の良い歯科医院を探すならこちらのサイトよりどうぞ。

>